世界のニッチなスニーカーブランド6選!みんなと同じなんてつまらない

|Ryo Kaneko


スニーカーブームの加熱は収まるところをしらず、ついにはスポーツ庁が「FAN+WALK」というスニーカー通勤を進めるプロジェクトが発足され、国をあげてスニーカーブームを後押しする雰囲気すらあります。革靴だとある程度のデザインは決まっているので、例え他の人と被ったとしても違和感ありませんが、スニーカーだと大きなロゴが入っていたり、人気のデザインなどは多く流通しているので、せっかくオシャレしてるのに…と残念な気持ちになることもしばしば。そこでBMでは独自に日本ではあまり流行っていないスニーカーブランドを調査しました。世界にはまだまだ知られていないニッチで素敵なスニーカーが眠っています。他の人と被りしらずなスニーカーを見ていきましょう!

ルーディックライター / LUDWIG REITER

©instagram/ludwig_reiter/

1885年創業ウィーン発ジューズブランド。革靴がメインだが、スニーカーのデザインが秀逸!ほどよくノスタルジックな趣があり、色のチョイスも最近のトレンドを抑えています。

©instagram/ludwig_reiter/

30,000円~
公式サイト https://www.ludwig-reiter.com/en/home

アタラスポーツ / atalasport


©instagram/atalasport/

1952年創業イタリア発スポーツブランド。セリエAの技術スポンサーとして協力した実績もあり、サイクリングやテニス、陸上競技など様々なシューズを作っている。誰もみたことのないサイドのロゴがダサかっこいい!


©instagram/albertini.demetrio/
15,000円~
公式サイト https://www.atalasport.it/

スプリングコート / Spring Court


©instagram/springcourt_uk/

1936年創業フランス発ジューズブランド。テニスが趣味だった創業者の息子ジョルジュがソールに4つの通気口を設けたスニーカーを作成。ジョンレノンが「アビイ・ロード」のジャケットで着用していたことで有名。


©instagram/glengarrysportingclub/
7,000円~
公式サイト https://www.springcourt.com/en

アサヒ / ASAHI


©instagram/asahishoes/

1892年創業、日本を代表するシューズメーカー。アサヒ靴と書くと見に覚えがあるのではないでしょうか。ミニマルでモードなデザインの「ASAHI」ラインが話題をよび、ヨーロッパなどの感度の高いセレクトショップで多数取り扱い中。


©instagram/leshopsage/
10,000円~
公式サイト http://asahishoes.jp/

ステフニー・ワーカーズ・クラブ / S.W.C


©instagram/stepney_workers_club/

ロンドン発ユニセックスのシューズブランド。できたてホヤホヤですが、トレンドを上手くついた、分厚いソールとボテッとした見た目が特徴。日本には大手セレクトショップが若干数仕入れているようですが、かなりニッチなブランドです。


©instagram/stepney_workers_club/
14,000円~
公式サイト https://www.stepneyworkersclub.com/swc/

オールバーズ / allbirds


©instagram/allbirds/

ニューヨーク・タイムズに世界一履き心地の良い靴として選ばれ、シリコンバレーで働くひと達に絶大な人気を誇るブランド。日本未入荷で現在個人輸入かbuymaなどを通して購入することができます。


©instagram/wldstallion/
18,000円~
公式サイト https://www.allbirds.com/

文 / RYO KANEKO
写真 Instagramよりスクリーンショット
TOP画像 Photo by Matheus Bertelli from Pexels

FacebookTwitterLine