ミラノ老舗理髪店”Antica Barbieria Colla(アンティカ・バルビエリア・コッラ)”そごう横浜「夏のBeauty祭」に参加

|Ryo Kaneko

100年を超える歴史をもつミラノの老舗理髪店Antica Barbieria Colla(アンティカ・バルビエリア・コッラ)のオリジナルプロダクトが、2018年6月1日(金)~17日(日)そごう横浜店5F紳士フロアにて発売中です。

昨今はウッドや柑橘系の香りが主流のメンズグルーミングプロダクトですが、Antica Barbieria Collaのラインナップの中で特に注目したいのは「アーモンド」の香り。アーモンドというとお酒のつまみや、お菓子の中で使われてるアーモンドを想像されると思いますが、香りの中でのアーモンドは杏仁豆腐のような甘い香りです。ウッドや柑橘系はハズレのない、いわば万人受けする香りである一方、どこかで嗅いだことのある香りとして、詰まらないと思われる方も多いハズ。かといって、あまりにも個性的な香りは周囲から嫌がれる可能性もあるので、この「アーモンド」の香りというのは、「個性的と一般的」のちょうどいいところを付いてきているなぁと思います。

2018年今年の父の日は6月18日(日)。 Antica Barbieria Collaはまだ常設で取扱の店舗がないので、買うならそごう横浜に急いで!

Antica Barbieria Colla

1904年創業のイタリア・ミラノで最も歴史のある理髪店として知られています。イタリアオペラ界の最高峰とされるスカラ座にほど近いこの理髪店には役者や音楽家が出演前に身だしなみを整える場所としても有名です。110年以上、イタリア紳士を虜にしてきた由緒正しい理髪店です。店内の壁には、今までにここを訪れた数多くの著名人の写真が所狭しと並べられています。映画『ライフ・イズ・ビューティフル』で世界にその名をとどろかせたロベルト・ベニーニの写真には、彼の直筆で、オーナーであるフランコ・ボンピエッリ氏に向けて「フランコ!君は世界一だ!」という言葉が添えられています。また、イタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティは20世紀初頭からその生涯を閉じるまでこの店に通い店主であるフランコ・ボンピエッリとは、ただの客と理容師の関係を越えた「人間同士」の絆があったといいます。- PR TIMESより

文 / RYO KANEKO

FacebookTwitterLine