第六巻 夏のつけはいつ払うかい? 秋口に多い体調不良は身体を冷やしたせい『毒舌おちづのオーガニックでナチュラルライフのすすめ』

|Ochidu

なんだか急に涼しくなってきたね。おちづこの前東京行ったら普通に寒くてびっくりした。あ〜〜もう秋なんてすぐ通り越して冬だぜ。まあね、夏は暑いもんだからね。冷たいお酒が気持ちいいし、なんだか暑気で食欲なくて冷たいものばっか食べたりね。なんたって、喉越しいいし、身体が冷えて気持ちいいもん。

パンイチでクーラーガンガンかけてどうせ寝てたんでしょ? 素足に絡みつく、冷たい布団の生地が気持ちいいものね。スタイリングも手出し脚出しルックで布を極力まといたくなくなるし、そういうスタイリングができるのも夏だけだしさ〜。

冷えてる人は死に片脚突っ込んでるかもしれない

本当のことを言えば365日頭寒足熱、中医学で言えば下半身をしっかりあたためてれば万病にならぬ、ということなんだけど、こんな暑い季節にせっせと暑いものだけ食べて下半身冷やさないようにしてる人なんて、どんだけいるんだって思うと少数派なわけよ。だから現代では万病に苦しんでるのも事実ね。

でもそんなストイックにできるわけない。暑い日に暑いもの食べて飲んで下半身温めまくるなんて、熱くてそんなことやってられないわ!ってなるのがまあ一般的感じ方だと思うの。それでもそうしてる人は身体的にはとても健康でそしてインナービュティーだわね。身体は冷やせば冷やすほど老化が加速するの。残念だけど、事実なの。がーーーんでしょ? それが一体どういうことかと言うと、まぁみなさんが一番食いつくのは美だと思うんだけど、美が維持できなくなる。そして、間違いなく身体は衰える。

なんで冷えは良くないんですか?ってよく聞かれるんだけどね、まぁさくっと言うと死んでる人ってあったかいの?って、逆に聞くおちづは嫌らしいね(笑)でもそれが答えだよね。よく巷で聞くのが「私冷え性で〜」なんて
可愛げに言う女とかいるけどさ、おちづからしたら冷えてる人は死に片脚突っ込んでる状態なんだよね。あんた大丈夫?って思う。

それから「私全然冷えないのよ〜」「むしろ暑くって困ってるの」なんて、私代謝がいいみたいな言い方するやつ自慢か?って思うけど、おちづからしたら冷えてない人がなんでそんな太ってんの?って思うわけ。

あのね「冷える」つまり固まるわけ。冷凍庫になんか入れたら固まるでしょ?「暖かい」つまり溶けるでしょ? 電子レンジでチンしたら解凍できるでしょ。人間の身体も同じだよ。太ってる人が冷えてないなんてない。冷えてるから太いの。わかる?

夏に冷やしまくった身体に免疫があると思う?

身体が冷えてると、まあ冷凍保存的な? つまり細胞が再生しないの。どういうことか。それが老化。だって再生しない、生まれ変わらないんだもん。どんな化粧を上から塗りたくったってスキンケアしたってマッサージに行こうがエステに行こうがダイエットもね、病気もね。何が大事かって冷えを取るってことがまず一番なの。

おちづは整体師でもあるし、マッサージ師でもあるんだけど、まずは施術する前に身体を温めて、筋肉や細胞、筋を熱で温めて緩ませてから施術することをしてるのね。冷えてる人にいくら手技を施してもコンクリートにボルト打ち込んでるようなもので、全然ほぐしてあげられないし深部まで到達しないわけなのよ。しないよりはしたほうがそりゃもちろんいいけど、せっかく高いお金払ってくれてるのに全然楽にならないってのはそういうことなの。

この記事を読んでくれてる人はどうしたら綺麗に居続けられるのかが知りたい人が多いと思うんだけど、綺麗を維持するにはお金もいるじゃない? そのためには働かなきゃでしょ? 働くためには健康な身体がいるわけ。その身体が病に冒されらたら? 美容もクソもないじゃない。だから美を追求するにも、きちんと身体のことを知らなければならないし、知った上でどうしたらいいのか、それも実行しなきゃダメだと思うのね。

人間はね、熱と土と風と水でできてるの。水と土を混ぜて形になり、そこに穴を開け風を通しそこに熱を加えることで身体が巡り出す。熱がなければ血液もリンパ液も尿も便も汗も作られない。そしたらどうなる? 死ぬんだよね。

高熱になると身体はとってもしんどくて苦しいでしょ。小さい子が熱を出すと親はみんな死ぬんじゃないかと心配する。でも、熱がある以上人はどうやったって死ねない。なぜ熱が出るか、高くなるか? 熱が下がるのに時間がかかるかって身体の中に身体を蝕むウイルスやら菌が繁殖してる、それを殺すために熱を体内で作り出す。熱湯消毒だね。人間ってすばらしい。生まれ持ってそうやって自ら身体を守る機能が付いている。

なのに人は身体を冷やすことばっかするんだもん。夏に冷やしまくった身体に免疫があると思う? あるわけないじゃん。

夏のつけは秋にくる

だから秋口からみんな調子が悪くなり、ちょとした症状で簡単に薬を飲み薬はこれまたプラスティックと変わらないわけだから、また身体を冷やす。そして冬が来て感染病が流行りだし、冷えた身体に繁殖してど〜〜〜〜んと身体はノックアウトてなわけよ。

何が怖いってがん細胞が死なない身体も冷えている。そして冷えてる身体からは水分も油分も出ないそうなると表面的には自ら潤すことが出来ないからどんどん乾燥してしわくちゃの砂漠状態だ。

体内も細胞が再生しないからターンオーバーのサイクルが狂いまくり夏の紫外線でやられた肌はどんどんシミを作り、たるみも全く改善されないまま、また春が来る。

きゃ〜〜〜やだやだ。

何度もいうけど、解決方法は身体を温めること。前回は半身浴と腹巻について丁寧に説明したから是非読んでみて。
第五巻 腸内美男を目指そう。腹巻が腸内環境を整える!『毒舌おちづのオーガニックでナチュラルライフのすすめ』

らぶゆ〜〜

文 / おちづ

おちづ / Ochidu
出産を機に独学で人間の身体について学び、医学知識まで持ち合わせる2児の母。おちづが自信を持ってオススメする、植物や天然由来のものを集めたセレクトショップ兼サロン「chitree」を9年前に徳島にオープン。整体師、マッサージ師、ハンモックでくるくる体操の講師も行なったりと身体に良いことは何でも手を出してモノにしてしまう、スーパーサイヤ人!

​chitree(チーツリー)
http://chitree-organic.com

FacebookTwitterLine