超簡単!最新のAGA治療を解説。男性型脱毛症の治療は1ヶ月3,000円から

|Ryo Kaneko

薄毛に悩みのみなさま。日々いろいろなところで「AGA」という言葉を目にすることかと思います。AGA=男性型脱毛症ということは分かっていても、実際何をするのかご存知でしょうか。英語なんてつかっちゃって難しく聞こえますが、蓋を開けてみると、とってもシンプル。今回は超簡単にAGA治療について解説しようと思います。

AGA治療のメカニズム

数多くのクリニックが存在していますが、基本的な治療はほとんど同じです。AGA治療の根底にあるのは薄毛の原因になる「ジヒドロテストステロン」を抑制することにあります。とても覚えらそうもない名前なので、ここでは薄毛の原因になる超強力男性ホルモンとだけ認識していて下さい。この超強力男性ホルモンは誰もが持っている普通の男性ホルモン(テストステロン)に「5aリクターゼ」(以下5a君)がくっつくことで作られます。逆にいうと5a君が少なくなれば超強力男性ホルモンが作られないわけです。

そこに目を付けたのがAGA治療。5a君を抑制する成分「フィナステリド」(以下フィナちゃん)を飲むことで薄毛を解消しましょう、というのがメカニズムです。

治療薬について

AGA治療のわかりにくいところは治療薬の呼び名や種類が多いこと。クリニックによってはオリジナルの薬を準備しているところもありますが、重要なのは「フィナちゃん」!!!これをベースにビタミンだの育毛にききそうな塗薬だのクリニックは提案して差別化をはかっています。

フィナステリドは成分名なので、薬として売られるときは「プロペシア」と呼ばれます。
要は商品名です。そして「プロペシア」のジェネリック版は「フィンペシア」です。特に「フィンペシア」は価格が安く、クリニックにもよりますが1ヶ月分で約3,000円程度で購入することができます。

AGA治療費

フィンペシアが1ヶ月3,000円なら結構良心的な金額に見えますが、初診料や血液検査がかかってきますので、1回目は最低でも10,000円はかかると思っていてください。そして、意外と知られていないのですが、AGA治療は脱毛を抑制するだけで治るわけではないので、継続した通院が必要になります。新たな治療法が見つかるまで、ずーっと毎月3,000円払い続けなければならないのです。薬をやめてしまうと5a君を抑制できなくなり、超強力男性ホルモンが増え、治療前と同じ状態に戻ってしまいます。

あと注意が必要なのはフィナちゃん意外の薬が超高額なところ。この薬を飲めばもっと効果あります、さらにさらにこっちの塗り薬も使えば効果倍増です!!!など、フィナちゃんだけでは利益が少ないので勧めてくると思いますが、基本断っていいと思います。こんなこと言っては真剣に営業されてるクリニックに怒られてしまいますが、サプリなら他でも安く買えますし、そもそも自分の身体にあうか分からない薬に、何万もかけれませんよね。

とりあえずAGA治療を試したければ、「プロペシア」かジェネリックの「フィンペシア」を飲んで見て下さい。必ずしも皆が効果を実感できるとは限りませんので、合わなければ他の方法を探しましょう。個人的にはスキンヘッドもカッコイイと思うのですが……。

AGA用語 早見表

ジヒドロテストステロン
テストステロンに5aリクターゼがくっつくことでできる薄毛の原因になりうる超強力男性ホルモン。

5aリクターゼ
これを抑制することで結果的に脱毛症を改善できる効果が見込まれる。

フィナステリド
5aリクターゼを抑制する成分。

プロペシア
フィナステリドの商品名。

フィンペシア
プロペシアのジェネリック版。

文 / RYO KANEKO

FacebookTwitterLine