【ドイツ オーガニック製品レビュー】第2回 レーベンスバウム(Lebensbaum)フェンネル-アニス-キャラウェイ ハーブティー

|Ryo Kaneko

前回の「ジンセナクリーム」のレビューに続き、今回はハーブティーをご紹介いたします。ドイツのオーガニック製品として外せないのがハーブティー。ドイツではとっても身近な存在で、リラックスしたいときや、体調が悪いときに飲まれています。普通のスーパーで高品質なハーブティーを購入することができ、しかも当然のようにオーガニック、もしくは「demeter」(究極のオーガニック農法と呼ばれるバイオ・ダイナミック農法)マークが押されているのは、ドイツがいかにオーガニック大国であるか物語っていますね。

今回ご紹介するのはドイツでオーガニックのハーブティーやコーヒーなどの販売で最大のシェアをほこるウルリッヒ・ヴァルター社のブランド「レーベンスバウム(Lebensbaum)」のハーブティー「フェンネル-アニス-キャラウェイ」です。バイオ・ダイナミック農法でできた原料を優先的に使用し、遺伝子組み替えをしていないオーガニック由来のものを使用しているのにも関わらず、とってもリーズナブルな価格で販売しています。

フェンネル、アニス、キャラウェイの効果

スパイスやハーブティーが好きな人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。ドイツでは胃腸に効くとされ、この3つの組み合わせのハーブティーをよく見ます。フェンネル、アニス、キャラウェイはどれも消化を助ける働きがあり、お腹がはっているときや、食べ過ぎてムカムカするときなどに、もってこいのブレンドです。

飲み方

しっかりポット温めてから、Tバッグを1つ入れ7-10分待ちます。お腹が痛いときは蒸らし時間を長めにしたり、Tバッグを2つ入れたりして、濃いめに淹れるのがおすすめです。Tバッグは入れっぱなしにしてもエグ味がでないので、色合いなどの見た目を気にしないのであれば特に取り出さなくても大丈夫です。

薬事法の問題から、胃腸がよくなった、下痢が治ったとはメディアとして書けませんが、筆者の一個人としての感想を率直にお伝えすると、どんな薬よりも効きます。過敏性腸症候群に長年悩まされていたのですが、コーヒーをこのハーブティーに変えたら、下痢が治りました。食べ過ぎや食べ合わせによる下痢、クーラー負けのときも毎日2-3回ポットに淹れて飲んでいると、2-3日で治ります。即効性があるのは薬かもしれませんが、ハーブティーでも十分改善するので、私にはなくてはならないハーブティーです。

2018年9月11日追記
2018年10月1日より株式会社おもちゃ箱が「レーベンスバウム(Lebensbaum)」の正規輸入を開始するようになりました。ご紹介した「フェンネル-アニス-キャラウェイ」の取り扱いは御座いませんが、他にも多数の商品を販売予定のようです。これまで個人輸入やお土産としてしか手に入らなかったレーベンスバウムの商品を安心して購入できます!気になる方は公式HPをチェックしてみてください。
https://www.lebensbaum.jp/

文 画像 / RYO KANEKO

FacebookTwitterLine