ニューヨークからの便り~必要以上に不安を煽られる報道?今、日本人ニューヨーカーが心がけていること~

|Takumi
外出自粛令後のウォール街 ニューヨーク証券取引所周辺

「Beauty Museum」読者の皆様はじめまして。ニューヨーク在住17年、NYの写真を撮り続け、役者、そして不動産ブローカーでもあるTakumiです。私の目からみた様々なニューヨークの姿をここから発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

さて、新型コロナウイルスの感染拡大により、ニューヨークで外出自粛令が出されてから、早いもので約5週間が経ちました。当初は4月末までの予定でしたが、現在5月15日までに延びており、今後、マンハッタンがあるニューヨーク市では5月末ごろまで延びる可能性が高くなっております。

ニューヨーク州内の他の一部のエリアは、5月半ば以降にオープンされる可能性があるようですが、一気にではなく、人が集まりづらいビジネスからオープンするなど、徐々にやっていくようです。

まだ実際に続いているためこの経験を総括するようなことはできないのですが、今までにない感情が湧き上がってきたり、普段考えないようなことを考えたりするような不思議な期間になっていることは間違いありません。

ちょっと哲学的になったりもしますね(笑)。この騒動が落ち着いたらおそらく忘れてしまうんですが……。

ニューヨークの人口は現在約1880万人となっており、それぞれが異なったストーリーを持っていると思うのですが、仕事を失い貯金もなく路頭に迷っていたり、身近な人が病気になってしまったりという人々のことを思うと、自分の状況は全然ましなのかなと思い、みんなも同じ状況なのだから我慢しないといけないなと思いながらひっそりと暮らしております。 (歳を年々とっている日本の両親に5月に会いに行くのが中止になってしまったのは本当に辛いのですが……。)

でも自分や自分の周りでは感染者や死者が出ていない状況のため、正直ニュースで報道されているような凄まじい状況にいることを、身をもって実感することは今のところはないんですよね。仕事も家でやっており、知り合いとも会えないのはもちろん辛いのですが、もしかすると報道が行き過ぎているのでは、と思うことも正直あります。

除菌剤を飲めば体内のコロナウィルスが死ぬかもしれないと言ってしまうトランプ大統領や、それをサポートするFOXのようなメディアは論外ですが、その他のメディアもちょっと不安を煽っている感が否めないんです。

CNNなんかはある程度正確な情報を報道していると思うのですが、それでも死者数や感染者数を常に画面に表示していたり、何でもないニュースをブレイキングニュース特報にしてしまったり、バックミュージックがやたらと大げさだったりと、必要以上に不安を煽っている感じがします。

少し前にハーレム在住の日本人女性が、YouTubeでニューヨークの現状を訴えてすごい数の視聴者を得ておりましたが、ちょっと僕の周りの温度感とは異なり、ニューヨーク外にいる方にこれだけを信じられてはちょっと困るなと思ってしまいました。

あの動画では、街がバイオハザード状態だと言っておりましたが(笑)、僕が見るところ大きな変わりはなく普通に暮らしております。タイムズスクエアーなど、人がほとんど住んでいないようなエリアは普段と全く異なりガラガラ状態ですが、ハーレムのような基本的に人が住む住居エリアでは人が普通に歩いています。

外出自粛令後、人の姿がほとんどないタイムズスクエアー

今ではほとんどの人がマスクを着用し、スーパーマーケットなど開いているお店では入場制限をして店内の人数を制限しておりますが、ジョギングや散歩をしている人も多く見かけます。どうしても地下鉄に乗らなければいけない用事が何度かあったのですが、一部の駅や地下鉄内に普段より多くのホームレスがいたのは事実です。また一部の電車内や構内が汚くなっているようで、これには今人気沸騰中のニューヨーク州知事もすぐに対応するとテレビで言っておりました。

外出自粛令が出された直後はパニック状態になり一部の食料品やトイレットペーパーなどが品薄になっていましたが、今では店舗で特に買えないものはほとんどなくなっております(サニタイザーやマスクは今でもほとんど手に入りませんが)。店舗内の人数制限のため、スーパーなどでは時間によっては外に列ができていますが、これも以前より列がかなり短かくなり、すぐに入れることも多くなっています。

みんなこの生活に慣れてきて、異常に買いだめしなくなり、焦ってしょっちゅう行くことがなくなってきたからじゃないかと思います。以前はこんな生活を想像したこともなかったのですが、5週間もすると意外と慣れてきちゃうんですね。

いろいろと気づく細かいことはまた書きたいと思いますが、実生活と、テレビやネット内の情報との違いに戸惑う今日この頃です。

またマスクを一切しなかったニューヨーカーが突如着用し始めたりするのを間近で見ると、“恐怖”というのは本当に怖いなと感じます。人は意外と簡単に洗脳されるようです。

家にいるので嫌でもニュースやソーシャルメディア内の情報を耳にしたり目にしたりするのですが、自分でしっかりと情報を吟味していかないとだめですね。

次回は外出禁止令下の、ニューヨークのオンラインデーティングについて書きたいと思います。

日本の皆様もどうぞ気を付けてお過ごしください。

Takumi( ニューヨーク在住17年)

★Takumiの Instagram & Flickr

https://www.instagram.com/newyork_underworld/

https://www.flickr.com/photos/newyork_underworld/

FacebookTwitterLine