【美容師直伝】ツーブロックから違う髪型へ上手に移行する方法【ツイストパーマ】

|Ryo Kaneko

ツーブロックにそろそろ飽きてきたメンズ美容ライターのカネコです。今回は思い立ってプロの美容師さんにツーブロックから違う髪型に楽しみながら変えていく方法を伺いました。

今すぐ使えるマル秘テクや、美容師直伝のスタイリングなどご紹介します。

キーワードは「ツイストパーマ」。ツーブロック飽きてきた皆様に朗報ですよ。

文章よりも動画で見たいという方はYouTubeをご覧ください。

ツーブロックとは?不動の人気・誰でも似合う最強ヘアースタイル

もはや説明不要ともいえる、男性に大人気のヘアースタイル「ツーブロック」。

いわゆるトップは残してサイド・バッグを刈り上げする、アレです。

最初に流行りだしたのは私が中学生ぐらいのときでしたので、たぶん15年前の2005年頃だと思います。

当時は斬新なヘアースタイルとして一部のモード系やオシャレ上級者さんから支持されていましたが、こんなにも広く普及するだなんて想像もできませんでした。

しかし時が経つにつれ斬新さも弱まり、むしろツーブロックのもつ清潔感や、わりとどんな顔の形でも似合うという点が評価されはじめると、学生やサラリーマンの若い世代がツーブロックを取り入れ始めたんですよね。

そこからぐんぐんツーブロックの並が押し寄せ、現在のように不動の地位を確立していったように見えます。

ツーブロックのメリットとデメリット

ツーブロックは見た目もオシャレで清潔感もあり文句の付けようのないヘアスタイルに見えますが、実際にツーブロックを続けていると、色々な悩みがでてきます。

ツーブロックあるあるですが、刈り上げ部分が伸び始めると、ヘアスタイルが崩れて違和感が顕著にでてきます

たぶん1ヶ月ぐらいが限度。それ以上放置し続けると清潔感はいずこへ。途端にダサくなるのがツーブロックの悩みどころ。

定期的に美容室に行ける方ならいいですが、忙しい人はキープするのが難しいかと思います。

また、一度ツーブロックにすると違うヘアスタイルにしにくいという点も、あるあるかと思います。

刈り上げた部分と長い部分の差が大きいので、違うヘアスタイルにしたくてもできない、結局面倒臭くて、いつもと同じツーブロックになってしまうという、ツーブロックの負のループ…

ツーブロックから抜け出すタイミングを見失うと永遠にツーブロックになってしまうんですよね。

ツーブロックのデメリットばかりになってしまいましたが、ツーブロックが悪いというわけではなく、ツーブロックをやる前に一度こういう弊害もあるよー!という点だけ理解しておきましょう。

ツーブロックのメリット

  • わりとどんな顔の形でも似合う
  • 清潔感がある、オシャレ

ツーブロックのデメリット

  • ツーブロックを維持するためには定期的に美容室へ行く必要がある
  • 一度ツーブロックにしてしまうと、違うヘアスタイルに変えにくい

ツーブロックから違う髪型へ上手に移行する方法

ツーブロックのメリットとデメリットを理解したところで、お次はデメリットを解消していきたいと思います。

今回は原宿の美容室「VIRGO(ウィルゴ)」の美容師「橋元さん」に解消方法を伺いました。

ツーブロックの刈り上げ部分が伸びるのを待つ

これは先にも述べたように、トップの長い部分と同じぐらいになるまで、刈り上げ部分の髪が伸びるのを待つという方法です。

コントラストが激しい場合は、分かれ目の部分の段差を慣らしながら、伸ばすことにより見た目的な違和感は軽減できます。

しかしどうしても伸ばす過程で、ある程度の時間は必要ですので、我慢は必要です。

楽しみながら違うヘアスタイルに移行したい人は「ツイストパーマ」がおすすめ

刈り上げ部分が伸びるのを待つことができない!という方におすすめなのが「ツイストパーマ」。

ツイストパーマとは、一般的なロッドを使ったパーマ方法とは異なり、手で毛束を作って捻じりながらカールを作るパーマ方法です。

手で捻ることにより、よりニュアンス的表現が可能で、一見パーマをかけたのかクセ毛なのかわからない繊細なヘアスタイルを作ることができます。

またツーブロック特有の、伸びすぎてきたときに髪の毛がツンツンと跳ねてしまうのも、捻る方向を上手く利用することで、ある程度軽減することが可能です。

さらに、ツイストパーマを掛けることによって、見た目的に変化があるので、楽しみながら違うヘアスタイルに移行したい人にはもってこい!

自然な毛束感ができるのでスタイリングも楽ちんです!

ツイストパーマのスタイリング方法

ツイストパーマのスタイリングは本当に簡単なので、忙しい方や面倒くさがりな方には特におすすめです。

2つのポイントだけ気をつければ誰でも簡単にスタイリングすることが可能です。

1つ目はドライヤー。乾かすときは頭皮に直角にドライヤーを当てるようにしましょう。

そうすることで、乾かしても自然なカールが残りやすくなります。

2つ目はスタイリング。揉み込むというよりは、頭を撫でるようにサラサラとスタイリング剤を髪の毛に馴染ませます。

使用するのスタイリング剤はウェット感のあるグロスワックスなどがおすすめです。

以上です!慣れればものの数分でスタイリングできますよ!

ハネを抑えるマル秘テクニック

刈り上げ部分とトップの繋ぎ目がハネてしまったり、こめかみやサイドのボリュームを膨らんでしまうことってありませんか?

特に髪の毛を伸ばしてる過程で起こりがちですよね。

そんなときに知っておきたいマル秘テクを美容師さんから伝授してもらいました。

まずはハネやボリュームが気になる部分を手で抑えます。そして、抑えた手を毛並みと逆方向に少しだけ浮かせます。その状態でドライヤーを当ててください。

ちょっと浮かせてドライヤーを当てたほうが、ピタッと抑えてドライヤーを当てるよりも、ハネやボリュームを抑えることができます。

もちろんツーブロックやその他のヘアスタイルでも、このテクニックは有効ですのでお試しあれ!

まとめ

かれこれ10年以上ツーブロックを貫いてきた筆者も、ツイストパーマによって脱却することができました。

ツーブロックに飽きてきた方は、まずは美容師さんに相談してみてください。目標のヘアスタイルにむけてプランを立ててくれるはずです。

ツイストパーマは薬剤が優しい処方なので、皮膚が弱い方でも使える場合が多いのも魅力のひとつ。

是非お試しください!

実際の美容室での施術風景が見たい方はYoutubeでも配信しているので確認してみてください。

撮影協力
VIRGO(ウィルゴ)
https://www.virgo-hair.com/

FacebookTwitterLine