LIFE STYLE 旅行 Study&Challenge 旅好きオトコの知的好奇心を満足させる『世界遺産検定』

|Takako Nezu

10月に入り、日本列島からさまざまな秋の便りが届く季節となりました。秋といえば専ら食欲の秋が先行してしまう私ではありますが、もうひとつ、秋の楽しみとして欠かせないもの、それは「旅」です。近場でもよし、また少し距離をのばしてもよし。旅は人に生きるエネルギーを与えてくれます。きっと秋になると、旅に出よう!そんな気持ちになる人も多いのではないでしょうか。そして私は今、旅の醍醐味は「+食」もいいけど「+知識」もアリだなとシフトチェンジを検討中なのであります……。

※ロシアの首都モスクワ市内にあるクレムリン。正面部分に位置する赤の広場も含め「世界遺産」に認定されている。

みなさんは『世界遺産検定』をご存知ですか?先日のこと、私はあるきっかけから『世界遺産検定』関係のイベントに参加し、少し詳しくなったのですが、イベントの事前申し込みはあっという間に満員御礼。当日の参加者の熱量からも、今注目すべき検定であることは間違いないと実感しました。

検定試験は、2級、3級、4級は年4回開催、マイスターと1級は年2回開催され、直近の日程だと、2018年12月16日に全てのグレードが受験できます。

【グレードのLevel】


■マイスター: 世界遺産に通低する価値を理解し、自分自身の意見を述べることができる。
■1級:世界遺産の理念を理解し、全遺産の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる。
■2級:世界遺産の理念を理解し、主要300物件の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる。
■3級:世界遺産の理念を理解し、主要100物件の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる。
■4級:世界遺産の見方を知り、日本を中心とする世界の有名な遺産を通して世界の広さを学ぶ。


イベント当日は、モデル、俳優としてドラマやクイズバラエティなど、多方面でご活躍されている岩永徹也さんがゲストとして登場。岩永さんは、既に2級に合格されています。

トークでは「旅がもっと楽しくなる! 岩永徹也が選ぶ世界遺産ベスト3」をテーマに、 世界遺産の魅力や世界遺産検定を受けるきっかけなどについて楽しく語られ、知的好奇心が旺盛な旅好きオトコの岩永さんは、テキストの写真がすごくきれいで、勉強をしていると行った気持ちになれる。マイスターを目指したい、とおっしゃっていました。

参加者からの「今年の12月の検定を受けようと思うのですが、これから勉強を始めても間に合いますか?」の質問に先生からは、「テキストをしっかり勉強すれば、4級、3級は大丈夫だと思います。みなさん頑張って下さい。」と嬉しい太鼓判もありました。

ちなみに、日本国内の世界遺産は、2017年現在21件登録されています。正直私は、富士山と小笠原諸島くらいしか思い浮かんでおらず、テキストを開いて改めて、国内にこれまでに世界遺産だと知らずに旅したことのある場所がたくさんあることに、新鮮な驚きを覚えています。

その中のひとつが姫路城。白く美しい外観から「白鷺城」とも呼ばれています。

私が旅したのは確か2年ほど前のこと。お城の中まで入り、もちろん予備知識なしでも十分楽しめたのですが、そこに知識があって訪れていたとしたら、より旅が印象深いものになっていたであろう思います。

テーマのある旅っていいですよね。『世界遺産検定』は旅好きオトコがワンランクアップできる検定試験であることは間違いなさそうです。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

★詳しくは『世界遺産検定』HPにて。

https://www.sekaken.jp/

FacebookTwitterLine