驚くほどスタイリッシュ&驚くほどハイスペックな水素ジェネレータ―を発見!

|Takako Nezu

会うといつもセンスが良く、美意識の高い仕事仲間(男性)に久しぶりに会った。彼の手元にあったのが、コレ。それを目にするなり私、「なにこれ?かっこイイ!」と、思わず言葉を発した。あまりのスタイリッシュさに尋ねずにはいられなかった。「あ、これね、水素ジェネレータ―だよ」と答える彼。「私も欲しい!」と言った。

最近は、巷で水素水ボトルを目にすることが多いですよね。私の通うスポーツジムにも置いてあります。実は私、これまで何度となく欲しいと思っては、ちょっと高いからと先延ばし…。でもね、今回は本気で欲しいと思いました。だって、スタイリッシュなだけじゃなかったんです、コレ。
買うなら納得して買わなきゃといろいろ調べたら、正直、スタイリッシュさ以上に、そのスペックに驚きました。


知能を持った水素ジェネレーター、POCKET IQ7
その頭の良さに驚いた。優れた7つの機能とは?

★機能その1
どんな水質であっても安定した水素を発生。つまり、水の硬度や成分によって変わる水素の溶けやすさにも対応しているの。これまでの水素水生成器は一定時間で水素を溶け込ませるようになっていたから、水質によって水素濃度も変わってしまっていました。
『POCKET IQ7』は、水素濃度を判断する独自の技術(特許取得済)により、時間ではなく、溶存水素量(水素濃度)で生成終了のタイミングを決定するんだって。これってすごくない? これを判断できる水素水生成器は、2017年5月現在、他には存在していないのよ。

★機能その2
機能その1と連動する独自の機能で、一定の溶存水素量(水素濃度)に達すると、自動的に水素水生成を停止。内蔵されたLED が「飲みごろ」のサインを教えてくれるの。サインの表示時間は10分間。視覚で直感的に状況を把握できるから水素が入ってる感があって良いでしょ。ちなみに、これも特許申請済なんだって!

★機能その3
LED モニターで、まるでスマホみたいに外出時でもバッテリーの残量をチェックできるの。水質によって使用回数が異なるけど、フル充電時で最大約30~40 回の使用が可能よ。

★機能その4
私的には、これが最大の魅力と言ってもいいかも!業界初の完全防水モデルなのです!
すべてのパーツを丸洗いできるJIS規格・完全防水構造で、電子部品部分に水が入らないのだそう。防水機能としては、JIS規格の最上位構造「IPX8」および「IPX5」を取得しているんだって。
キャップ、ボトル、ベースの3つに分けて洗えるから、衛生面でも本当に安心!

★機能その5
世界各国で共通使用できるジョイントケーブル(充電用)を標準採用。「本体~ジョイントケーブル~利用国で市販されているACアダプター」の順につなぐことで、世界各国での使用が可能に。まさにこれは、いつでもどこでも水素水が現実のものになるわ。

★機能その6
一般的な携帯タイプの水素水生成器では、バッテリー残量が減ると生成する溶存水素量(水素濃度)も下がるのですが、『POCKET IQ7』は使い始めから終わりまで安定した溶存水素量(水素濃度)が維持できるの。

★機能その7
水が触れる部分に、ほ乳瓶やフードコンテナなど、食品に触れる製品に使われる素材、「トライタン」が使われていて、100℃の熱湯から冷水、ジュース、スポーツドリンクまで使用できる耐冷・耐熱、多用途仕様となっているの。つまり、いろいろな飲み物が水素入りにできるということ。これってほんとすごい!


いやほんと、これはすごい進化。少なくともこれまで私の知っている携帯タイプの水素水生成器からすると、それはもう次世代と言っていいほど進化しています。

これから水素水デビューする人はもちろんだけど、これまで迷っていた人もここで決心してよさそうよ。

文/TAKAKO NEZU

HP
http://www.flax.co.jp/

FacebookTwitterLine