シンプルが一番!チューンメーカーズの基礎化粧品にハマってます。

|Ryo Kaneko

男性の皆さま。基礎化粧品は使っていますでしょうか? シャンプーや洗顔までこだわっていても、化粧水や乳液となると、疎かになってしまっている人も多いのではないでしょうか。

男性の肌は思いのほかデリケートかつ水分量も女性より少ないとされているので、実は男性こそ基礎化粧が大事!

男性用化粧品はアルコールや香料が含まれていることが多く、筆者の周りではよく、苦手という言葉を聞きます。

今回はそんな男性にぜひオススメしたい、お肌が喜ぶ成分を「原液」で使用している、チューンメーカーズ(TUNEMAKERS)の基礎化粧品をご紹介します。

「原液」にこだわったチューンメーカーズの基礎化粧品

チューンメーカーズ「原液保湿クリーム、原液保湿水」

チューンメーカーズは高濃度の原液を、その日のお肌のコンディションに合わせてサプリメントのように、ご自身に合わせてカスタマイズして使える原液サプリメントコスメ。

40種類以上のラインナップを取り揃え、今肌に必要な最適な原液をお好みで組み合わせて使えます。もちろんいつも使っている化粧品にプラスで合わせても大丈夫です。

美容導入液(ブースター)、化粧水、美容液、保湿クリームなど様々なラインナップがありますが、今まで基礎化粧品を使ったことがなかった方は、化粧水と保湿クリームから使ってみましょう。

化粧水で潤いを与え、保湿クリームで蓋をするイメージです。

実際の使用感をレビュー

チューンメーカーズ「原液化粧水」

まずはチューンメーカーズ「原液化粧水」からご紹介します。色は少し茶色味かかっており、若干とろっとしています。しっとりタイプになるので、肌につけたときに多少のベタつきはあります。(ベタつきが苦手な方は、普通タイプがオススメ)

100円玉ぐらいを手に取り、手のひら全体に広げ、顔全体にパッキングしていきます。乾燥が気になるところは、さらに化粧水を手に取り、重ね付けするのがオススメです。

パッケージにはセラミド、ヒアルロン酸、ハチミツと書いてありますが、実はコラーゲン、ローヤルゼリーエキスも5:3.5:2:1:1の割合で配合されています。

保湿成分のオンパレード!しかも原液レベルの高濃度で配合されているので驚きです。

チューンメーカーズ「原液保湿クリーム」

お次はチューンメーカーズ「原液保湿クリーム」のご紹介です。とっても伸びがよく、小指の爪の半分ほどの量で顔全体に広げることができます。乾燥が気になる時期は、多めに使うのがオススメです。

だいたい化粧水を2瓶使い切るごろに、クリームも1瓶なくなるぐらいなので、コスパも良いです。

原液保湿クリームは原液化粧水と違って、ほとんどベタつきがないので、オールシーズン使っても気にならないかと思います。

筆者はかれこれ1年間ぐらい、原液化粧水と原液保湿クリームの組み合わせで使用していますが、夏場のベタつきやすい時期も含め、ストレスなく愛用しています。

シンプルなデザインに続けやすい価格

もちろん品質も含め使用感も気に入っているのですが、パッケージのデザインがシンプルな点も見逃せません。ドラッグストアコスメだとパッケージに無駄な文字が沢山表記されていたり、色も派手なので、男性が洗面台に置くのに少々抵抗があるものが多いのではないでしょうか。

チューンメーカーズの商品はすべて茶色のボトルで、ラベルにシンプルな表示がされているだけなので、洗面台に置いてもごちゃごちゃしません。

さらに、原液を使っているにもかかわらず、「原液化粧水 2,160円(税込)」、「原液保湿クリーム2,700円(税込)」とコスパが高いのも魅力です。

結局のところ毎日のお手入れになるので、続けられないと意味がありません。基礎化粧品を何にするか迷っている方がいたら、自信を持ってオススメします。

チューンメーカーズ(TUNEMAKERS)
https://www.tunemakers.net/

チューンメーカーズ 原液保湿クリーム 50g [セラミド・ヒアルロン酸配合]
レノアジャパン (2016-10-03)
売り上げランキング: 5,170

Beauty Museum(ビューティー・ミュージアム)Writer / Ryo Kaneko

FacebookTwitterLine