【連載×ますだあけみ】言い訳探し

|Akemi Masuda

異文化コミュニケーション 仮面心理学インストラクターのアッキーです。

いきなりですが、「一年間に4万3千匹」というのは何の数字だと思いますか?

この匹数は、飼えなくなった、又は捨てられた犬や猫が一年間に殺処分されている数です(平成29年度)。1日に約120匹の犬猫たちが人間のエゴの為に殺されているということになります。

私の自宅近くにあるナゴヤドームの野球時収容人数は4万5千人。野球観戦をしたことがある人なら、ドームいっぱいにいる人数が毎年毎年罪もないのに殺されていくようなものとおわかりいただけますか……。

実はこの数字、30年前の数は100万匹を超えていたそうです。つまり現在の数十倍もの犬猫が殺処分されていたということ。知らなったとはいえ、あまりにもひどい数字に言葉がありません。

コロナ禍でペットを購入し飼う人が増え、空前のペットブームと言われています。人気犬種は無理な繁殖を繰り返し、高額な金額で売買されていきます。

自粛で家にいる間は一緒にいる時間もあったけど、日常に戻ると犬はゲージに閉じ込められたままです。人間も犬・猫もお互いストレスになり、吠えたり、噛んだり、言うことを聞かないと愛情が冷めていき、飼うことができないと判断をしてしまう人が出てきます。

もちろん、全員がそうではありません。ほとんどの犬・猫たちが愛情いっぱい大切に育てられています。

また、環境やえさがよくなったこともあり、長生きしている犬・猫とより長く一緒にいるということは、介護や看取ることも必要になってきています。

結婚後、犬・猫を子どもの代わりに家族に迎え入れる人や、子どもに手がかからなくなったので飼う人も増えていきました。

私自身も昨年12月に犬を家族に迎えました。

「飼う」と決めるまでは、 「今は仕事が忙しい」「旅行にいけなくなる」「毎日の散歩ができない」「お金がかかる」「室内で飼うことの準備ができていない」「しつけができない」「今じゃない」と様々な言い訳のオンパレードでした。

しかし、夫の一言で飼う事を決め、“命”を預かるという覚悟をしてからは家族で協力しながら今に至っています。

家に犬が来て、何度も家具を噛まれ、トイレトレーニングを失敗し、ミミズを食べてしまい大慌てなど……。

毎日毎日いろんなことが起こり、掃除と笑いと会話が増えました。

ペットだけど“家族”になったという連帯感があり、犬が私たちに色々教えてくれる存在になっています。

この、ペットを飼うという行動に伴う気持ちや言葉は、結婚を決める時のそれに似ています。

結婚はしたいけど、「仕事が忙しい」「帰りが遅い」「独りの時間が楽しい」「相手の為に自分の時間を使うのはいや」「自分のお金は好きなように使いたい」「今じゃない」と好き勝手なことを言うのです。

しかし、結婚後「自分の時間が少なくても幸せ」「家に帰るのが楽しみ」「一緒に旅行する人ができた」「なにより自分の絶対の味方ができた」「今結婚してよかった」とほとんどの人は結婚して、家族が出来たことを喜んでいます。

これは「経験」してみないとわからないことです。何かをスタートする前は、完璧に物事を熟そうと思うから、出来ない言い訳を探しています。そうすることで自分の考えや想いは間違っていないと思うようにしています。

私自身も言い訳を探していたので、言い訳探しの気持ちがすごくわかります。しかし、自分にとって完璧な時がきたら結婚しようと思っていたら、永遠に完璧な時はやってこないのです。

犬との生活が、私の人生を変えたと言っても過言でないくらい日々振り回されながら楽しんでいます。完璧な生活を目指していたら飼えないままでした。以前のように旅行にいけなくなり、時間にも制限があり、大切な家具や靴はかじられて、今までのような“自由”は制限されてしまいましたが、“こころ”がいつも満たされているこの状態が何とも言えず心地いいのです。

自分の言い訳を並べてみましょう。その言い訳は本当に必要ですか?犬も恋人も結婚も、実は自分が決めることなのに人任せや他人のせいにしていませんか?

出来ている人と比べ始めると、できないことにフォーカスされていき、恋人の存在をも否定してしまう。人に癒してもらうのではなく、人を癒せるようになれると恋愛も結婚もうまくいくはずです。

万が一、ご縁がなくても恋人はまたいつかやってくるかもしれませんが、一度手放した犬・猫はもう戻ってきません。私もあなたも、犬・猫も同じ命です。

(そして、一匹でも多くの犬・猫の殺処分がなくなりますように……。)

顔のパーツを見てわかることがある「仮面心理学講座」対面講座を再開しましたが、引き続き、オンラインでも行っています。全国から受講可能です。

zoomを使ったオンラインでは”感情の速度”の測り方や対応例のミニセミナーを開催しています。

最新の学問「仮面心理学」を取り入れて、一生使える便利な魔法の杖を手に入れてみませんか?

お得な「Beauty Museum」読者限定オンラインセミナーのご案内

●通常11000円のミニセミナーをモニター価格3900円にて開催します。(全国から受講可能。ミニセミナーを受けた方には次回の講座で使用できる特典付き。)

●詳細はLINE公式へ 「Beauty Museum」とLINE公式にコメントしてください。

【増田朱美profile】

一般社団法人ブライダルアライアンス 理事
仮面心理学 インストラクター
LINE公式 婚活応援隊
https://lin.ee/iFmCAyh

★ nagoya 東山サロン

http://www.higashiyama-salon.com/index.html

FacebookTwitterLine