【初心者必見】uno(ウーノ)だけでバレないメンズメイク!

メンズメイク界では有名な男性用BBクリーム、uno(ウーノ)フェイスカラークリエイターをご存じの方は多いのではないでしょうか。

9月に色付きリップが発売になり、アイブロウもすでに発売していたということで、今回はuno(ウーノ)縛りでメンズメイクをしてみました。

実際に使いながら商品の特徴や使い方のポイントをレビューしていきます。

uno(ウーノ)の商品説明

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター カバー 1,298円 (税込)
uno(ウーノ) バランスクリエイター 880円 (税込)
uno(ウーノ) オールインワンリップクリエイター 990円 (税込)

BBクリーム、アイブロウ(眉毛)、リップクリームの順で紹介していきます。

男性用BBクリーム

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター カバー 1,298円 (税込)

毛穴やニキビ跡、青ひげやクマなどのトラブルをカバーして清潔感をアップ。

  • SPF30/PA+++
  • 洗顔や石けんで落とせる
  • うるおい成分Wヒアルロン酸を配合
  • 美容液配合
  • ノンコメドジェニックテスト済み
  • アレルギーテスト済み

<フェイスカラークリエイターとの違い>
今回ご紹介の「フェイスカラークリエイター カバー」の方が毛穴・ニキビ跡などの凹凸悩みや質感を補正できるものとなってます。

「フェイスカラークリエイター」の方は特に“クマ・ヒゲの青み”のカバー力に優
ナチュラルでより自然な仕上がりです。

男性用アイブロウ

uno(ウーノ) バランスクリエイター 880円 (税込)

細い、短い、形が悪いなどの眉の悩みをこれ一本で解決してくれます。

  • 細くも太くも自由に書ける涙型の芯形状
  • 毛流れを整え、自然にぼかせるブラシ付き
  • 眉毛になじむナチュラルブラック

男性用リップクリーム

uno(ウーノ) オールインワンリップクリエイター 990円 (税込)

唇に塗るとグレーから色が変化し、血色感のある自然な仕上がりになります。

  • 血色感アップ成分配合
  • うるおいトリートメント成分配合
  • 縦ジワ補正してくれる
  • 唇に色が残るティントタイプ
  • べたつかない仕上がり

uno(ウーノ)の使い方

まずBBクリームを肌に馴染ませ、アイブロウペンシルで眉毛を描いてから最後にリップクリームを塗ってメンズメイクの完成となります。

男性用BBクリームの塗り方

BBクリームを手の甲に適量出して、カバーしたい部分に指でのせていきます。

鼻回りやクマ、毛穴など気になる箇所にポイントで置いていきます。

フェイスラインなど顔の外側には塗らず、顔の中心にBBクリームを塗って外側にぼかしていくと自然な仕上がりになります。

メンズメイク初心者の方は塗る範囲を最小限にすることをおすすめします。

男性用アイブロウの描き方

ペンシルの芯形状が涙型をしていて、細くも太くも描けるようになってます。

私の場合は太い方で全体的なアウトラインをとり、細い方で眉頭や眉尻に1本1本を毛流れに沿って描いていきました。

左右対象になるようにバランスを見ながら描くことがポイントです。

描き終わったら眉の毛流れに沿って付属のブラシでぼかします。

細い方の芯を使ってヒゲの足りない部分も書き足すこともできます。

男性用リップクリームの使い方

1~1.5cm程度繰り出し、直接唇に塗るだけの難しいテクニックは不要。

発色には個人差があるため、重ね塗りをすることで血色感が強くなります。

uno(ウーノ)だけでメイクした感想

男性用BBクリームのレビュー

カバータイプじゃない方を使ったことあるのですが、今回使用したカバータイプの方がしっかりカバーされ肌が均一になった印象です。

BBクリームの色味が色白の方には暗いと思うかもしれませんが、しっかり伸ばしてぼかせば自然に馴染んでいきます。

塗った直後はべたつきますが、時間が経つと全く気になりません。

男性用アイブロウのレビュー

ペンシルの芯が涙型をしていて細くも太くも描けるのが便利です。

毛を1本1本描くのはテクニックが必要ですが、より自然な眉毛に仕上がります。

アイブロウの色味に関しては、私の場合髪色が明るいので普段はブラウンを使ってますがナチュラルブラックでも黒すぎる印象がなく自然に仕上がったのには驚きました。

黒髪でも明るい髪色でも使いやすい色味だと思います。

ヒゲの密度を足したり、1本1本足すこともできるマルチユースなアイテムだと思います。

男性用リップクリームのレビュー

発色がマイルドな印象があり、私の場合は血色が強い方なのであまり発色しないと思いましたが重ねて塗ることで血色感がアップしました。

色味は赤というより、ピンクレッドでリアルな血色感といった感じで唇に色が残るティントタイプなのでグラスに色が付かないのも安心です。

リップ自体の色がグレーなので外出先や人前で気にせず使えるのが嬉しいポイントです。


uno(ウーノ)だけでバレないメンズメイク!のまとめ

男性でもメイクをする時代になってきて、メンズメイクに興味はあるけど抵抗がある方は多いと思います。

uno(ウーノ)はパッケージもかっこよく価格的にも買いやすいのではないでしょうか。

BBクリーム、アイブロウ、リップクリームの3種すべて自然な仕上がりなので
これからメンズメイク始める方には特におすすめのアイテムです。

この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

今回使用したコスメはこちら

■BBクリーム
uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター カバー 1,298円(税込)

■アイブロウ
uno(ウーノ) バランスクリエイター 880円(税込)

■リップクリーム
uno(ウーノ) オールインワンリップクリエイター 990円(税込)