やばい!毎朝、枕が抜け毛だらけ。薄毛の悩みにアクションを!

|Ryoichi Hashimoto

薄毛のお悩みは多くの男性が抱えています。近年では女性にも増えてきましたが、今回は男性の薄毛について触れていきます。

薄毛の原因はさまざま。

男性に多いのはAGA(男性型脱毛症)
男性ホルモン(テストステロン)が悪性に変わり(ジヒドロテストステロン)髪の毛が抜けてしまう症状です。名前の通り男性に多く起こる脱毛症です。AGAに関しては医療で改善されることが多くなってきました。もうほとんど治るといっても過言ではないと思います。

治療薬は皮膚科で処方される「プロペシア」(有効成分:フィナステリド)。
医療費は都内で約9000円〜15000円です。前立腺癌・前立腺肥大症に使用されるお薬の成分で、副作用に発毛が起こるというところからこの成分が発毛に有効だとされました。さらにその副作用で代表的なものはインポテンツ。場合によっては、バイアグラが処方されることもあります。

そして大正製薬さんから発売されている「リアップ」(有効成分:ミノキシジル)もメジャーですね。
この商品は5000円前後。こちらの副作用の代表的なものは痒みですが、まだ不明な点が多く、用法容量を守り、正しく使用した方が良さそうです。ミノキシジルは使い続けなければ効果が得られません。やめるとせっかく生えてきた髪は、抜けてしまいます。1999年に発売された市販の商品。医療で使われていないミノキシジルを最初に市販で発売したとあって、当時は様々な憶測が上がり、界隈では話題を呼んでいました。

薄毛に悩んでいるのであれば、「育毛剤」ではなく「発毛剤」と書かれているものがいいと思います。
「フィナステリド」と「ミノキシジル」この2つを用いて施す治療が2016年現在では最も効果的だと言われています。

医師、薬剤師が処方するかの判断が必要になります。年齢制限等もあるのでお医者さんの説明、薬剤師さんの説明をしっかり聞くようにしてください。加齢による脱毛も研究が進んでいるのですが、それはまた別の機会にお話ししますね。

発毛系の医薬品を使用するにあたって必要なものは「忍耐」です。毎日続けても効果はすぐに現れません。半年間効果も感じないのに毎日続けなければいけません。

ですが、その先に発毛が待っています。がんばりましょう。

美容業界では、頭皮にこびりつく汚れをしっかり落とすことが健康な髪を生えやすくするとされています。髪は毛穴に沿って生えてくるので毛穴を塞ぐ汚れがあると髪が細く生えてしまうという考え方です。

皮脂が酸素に触れて時間が経つと過酸化脂質というものに変わり、これがシャンプーでは落とせない汚れになってしまします。美容室ではこのようにシャンプーでは落ちないものを落とす効果がある商品が置いてあるところもあります。

そういったものでしっかり頭皮を清潔な状態にすることが美容室ではできるのです。

朝、鏡に映る自分をみたときに、薄い自分、ふさふさの自分を比べて、精神的にプラスになる方を選んだほうが良いと考えます。

薬剤にかかる金額はランニングコストではなく、維持費。決して高くないと思いますよ。

参考になればと思います。

美容師はしもとの時間』より転載
文 / 橋元リョウイチ

橋元リョウイチ
原宿にある美容室「VIRGO」スタイリスト
東京都渋谷区神宮前2-32-3ニチハタビル3F
竹下通りの出口から徒歩約3分
TEL 03-3403-8090

『美容師 はしもとの時間』
http://hassihair.hatenadiary.jp

『はしもとダークサイド』
http://hassihair.hatenablog.com

https://www.facebook.com/ryoichi777
https://twitter.com/hassihair
https://www.instagram.com/ryoichi_hashimoto/

FacebookTwitterLine