基礎のキソ!男もフェイスパックをオススメする理由

|Ryo Kaneko

最近コンビニでも男性用化粧品が売られているのが普通になってきましたが、基礎化粧品が普及する反面、ちゃんとした使い方を知っている人が少ない気がします。よく聞くのは洗顔のあとはしっかり化粧水で保湿しているよ!という言葉。化粧水で保湿=間違いではありませんが、男性用化粧品の化粧水だけでは保有成分を見る限り、ほとんど効果はありません。しっかり肌に保湿するために必要な基礎化粧品の使い方をしっかり解説していこう思います。

化粧水にも種類がある

前にも少し触れましたが、男性用化粧品の化粧水にはほとんど保湿効果は含まれておりません。そもそも基礎化粧をするにあたり、一般的な順番は「洗顔→化粧水→”乳液”」なのです。乳液がないと完結しないのです。なぜなら化粧水の役割は、読んで字の通り「水」であり、最後に油分などを含む、水分を肌から逃がさないように蓋をする乳液を使用することで、やっと化粧水の意味がでてきます。蓋がなければ、どんどん水分は蒸発していきますよね。特に男性用化粧水にはアルコール成分が含まれていることが多く、気発性が高いので余計に乳液がないと意味をなしません。

しかし例外もあります。化粧水自体に保湿成分がたっぷり含まれたものであれば、使い方次第で乳液を使わなくても十分に保湿可能です。よくフェイスマッサージに行われる方法なのですが、一回に少量の化粧水を手のひらになじませ、優しく顔を覆うようにパッキングしていきます。いないいないばあ、をする感覚です。それを何回も繰り返してください。4、5回やっていくと次第に皮膚と手がベタついてくるので、それがしっかり保湿された合図です。

面倒臭いときにはフェイスパックがオススメ

化粧水を何度も何度もパッキングし、ベタベタするまで繰り返すには少々時間がかかります。寝る前ならまだしも、朝の忙しいときに数分が惜しいときってありますよね。そんなときにオススメするのがフェイスパックです。男がフェイスパック?って少し抵抗ありますよね。でもフェイスパックほど保湿するのに完璧なアイテムってないんです。フェイスパックには化粧水はもちろんのこと様々な保湿成分に加え、美容液まで含まれています。要は洗顔後の化粧水→乳液をまとめて行えるのです。買うと効果な美容液まで入っているんだから、至れり尽くせり。

そして何より嬉しいのがフェイスパックをしながら他の作業ができること。フェイスパックに必要な時間は約10分。10分あれば髪をセットして、服を着て身支度することだってできます。家を出る前にパックを外して、優しく顔をパッキングすれば最上級の保湿が完了です!

実はフェイスパックってとってもコスパが良いってしってましたか? 30枚で1,000円もしない商品が沢山あります。私が長年愛用しているのは、ミウ・コスメティックスのナチュラルマスクシリーズ。30枚入りで約800円、種類も豊富で季節に合わせて色々使い分けています。夏場にオススメなのはローズ。さっぱりした使用感でベタつかず、バラの香りは憂鬱な朝にもってこい。逆に冬場はアロエを使います。ローズよりも保湿性が高く、しっとり保湿してくれます。

ナチュラルローズマスク 30枚入
ミウ・コスメティックス
売り上げランキング: 67,739
ナチュラルアロエマスク 30枚入
ミウ・コスメティックス
売り上げランキング: 7,181

保湿は命!ちゃんとした方法で保湿をすれば、みるみる肌の調子が良くなりますよ。これからの時期、紫外線が強くなり日焼けによる肌へのダメージが心配になる季節です。より一層保湿には気をつけたいものです。

文 / RYO KANEKO

FacebookTwitterLine